AKたる日々
AKたる所以を綴る日々の日記。愛するベガルタ仙台が生活の中心です。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/10/11(金)   CATEGORY: AK×黄金七夕
5年と6年
リオデジャネイロ五輪代表監督に、仙台・手倉森誠氏の就任が決定!
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kawabataakihiko/20131010-00028821/

ついに発表されましたな。
噂が出ていた時点から言っていた通り、AKさんは就任賛成派だったのでよかったと思ってる。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1912332714&owner_id=1430979
[5年と6年]の続きを読む
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/12/03(月)   CATEGORY: AK×黄金七夕
愛する全てのベガルタ仙台サポーターの仲間たちへ
「皆さん、一年間お疲れ様でした。
残念ながらベガルタは優勝という最高の結果を手に入れることは出来ませんでしたが、二位という過去最高の結果を得ることが出来ました。
ただそれだけではなく、我々はもう二つ大きな物を手に入れることが出来たと思います。

まず一つ目がホーム新潟戦での敗北。
あの試合に敗れたことで得た悔しさは、あの入替戦で得た悔しさと同じくらいのものだったと思います。
ベガルタは入替戦の悔しさを糧にしてここまで上り詰めてきたクラブです。
この悔しさをもう一度経験したことはもう一度上を目指すためのエネルギーになると思います。

そしてもう一つが今日のFC東京戦での敗戦。
今日の大敗は残念な結果でしたが、来年のベガルタへの宿題になったと思います。
そして…ベガルタはネタクラブとしての本領を見せてくれました!(ガッツポーズ&笑顔)

来年はACLを含めた非常に厳しいシーズンが待ち受けています。
しかし、この二つの大きな経験を手にしたベガルタはまた上を目指していけるものと確信しています。

来年もやってやろうぜ!」

大敗で締めくくった二位のシーズンが終わり、今シーズン最後の乾杯の杯が鳴り響いた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[愛する全てのベガルタ仙台サポーターの仲間たちへ]の続きを読む
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/03/18(日)   CATEGORY: AK×黄金七夕
【新横浜は】第2節横浜FM戦【眠らない】
試合は2-0で勝てて良かった!
お世辞にも内容が良くなかったとは言えないけど、CB二枚替えしても勝ちきるあたりに成長を感じられるね。
広大が出れたのは完璧な俺得w
マリサポからすると決める所で決めないと負けるゲームの典型ってとこだろうなー。
[【新横浜は】第2節横浜FM戦【眠らない】]の続きを読む
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/03/13(火)   CATEGORY: AK×黄金七夕
AKどうでしょう【開幕戦編】
【3/10】
4時半過ぎに起床してかとぅー号が待つ東京駅へ。
6時にはメンバーが揃ってユアスタに向けて出発!
今回のメンツは決起集会で知り合った等々力の映像で有名な明日香と、明日香の友達の恵の4人。
恵からは「雑誌で見たことあります!」と言われる快挙を達成wwww
十傑の重みを早くも実感したわーw

今回のユアスタはんだずが貼ってくれてた北側のシートから突入。
かなり早かったと思うんだけど、開幕戦の壁は厚く中心部から2ブロックずれた所に位置取る事に。
今年のユアスタ爆心地隊は去年の流れからmiyuママに世話になるのがメインになるかと思ってたけど、んだずとかが貼れるなら二方向から攻めてもいいのかも?
そしてAKさんは息子のパパからシートに入っていいよって話をもらったから、そこも活用すれば三方向から席取りに向かうことが可能になるわけだ。
他にもやりようは色々生まれそうな予感がするし、息子のパパとかJRTさんから「ピンクがないと物足りない」って声ももらったから期待に応えられるようにせんといかんね。


試合は鹿島を終始押し込み気味での勝利。
得点のシーンはユアスタ独特のハイテンションになってて予感があった。
そして後半ロスタイムの押し込まれてる時も。
スタジアム全体を包みこむどころか突き破るぐらいのあのテンション。
応援が体に響いた瞬間にしびれた。
つーかゴール裏はもっといつも本気出せよとも思ったw

次節はマリノス戦。
相性が非常にいい日産スタジアムに乗り込む。
だからこそみんなの気が緩みそうな気がしていて、開幕からの5試合で一番難しくなりそうな予感がある。
逆にここを引き締めて勝ちきれれば、一気にロケットスタートもあり得ると思う。
しっかりとメンタルとゲームのコントロールしての勝利を期待したい。


ちなみに帰り道は部活に参加したいろよこ君ことモテ・モテコが入れ替わりで参加して帰宅。
等々力の川崎戦のいろは横丁のPVで目立ってた彼ね。
かとぅー号の車中は有名なサポで埋め尽くされてたよwwww
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/02/18(土)   CATEGORY: AK×黄金七夕
タイ現地のベガサポ向け
トヨタプレミアムカップ2011 ブリーラム PEA戦 出場のお知らせ
http://www.vegalta.co.jp/contents/news/press_release/2012/02/post-777.html

対戦相手のブリーラム・ユナイテッドFC
今年(2011年)タイプレミアリーグ(トップリーグ)チャンピオン
http://www.buriramunited.co.th/en/home.php

「18日は仙台からコールリーダーがダンマクを持って来ると言うので今回の試合の運営会社であるサイアムスポーツにアウェイゴール裏にスペースをもらいましたので出来たらそちらの方に入ってください。 タイ在住の試合運営手伝い日本人より」

[タイ現地のベガサポ向け]の続きを読む
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/01/25(水)   CATEGORY: AK×黄金七夕
サポカン詳細まとめ転載
Facebookにまとめがあったので転載。

日時 2012/1/24 19:00~20:40 KKRホテル仙台にて
出席者 白幡社長、手倉森監督、丹治強化部長、山路育成部長、他フロント各担当者
進行 ベガルタ仙台市民後援会
[サポカン詳細まとめ転載]の続きを読む
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/01/24(火)   CATEGORY: AK×黄金七夕
今日のサポカンまとめ
仙台が獲得を目指すパウメイラスのMFペドロ・カルモーナ。
パウメイラスでもらっている6倍のギャラで仙台はオファー中。
代理人によると日本時間で明日24日にクラブ側と話をして残留か移籍を決めるとのこと。
先日、パウメイラスがアヤックスと親善試合をした際にペドロは決勝点を決めているが、昨季はあまり出番なし。
今季も中盤の定位置争いは厳しく、ペドロ自身は出場機に飢えているので、現状を見る限り、移籍が濃厚な感じだな。

Twitterの@Brazileaksより。

「(選手が足りなくて)チームがバラバラじゃねぇか!」
「ちゃんとまとまてるよ」
「前にも言ってただろ!」
「次は絶対外国人取る!」
「信じていいんだな!?」
「次は絶対取る!」
「ベガルター仙台!」
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/01/20(金)   CATEGORY: AK×黄金七夕
運命の人
財前宣之は「運命の人」だった。
少なくともAKさんにとっては間違いなく。


まだ大学3年生だったAKさんはベガルタにほとんど興味もなく、ただJ1に向けて徐々に良い戦いが出来るようになってきている程度の知識しかなかった。
むしろ「何でベガルタなんて名前とユニにしたんだろう。ブランメルの方がかっこいいじゃん!」なんて思ってた時期である。
今となってだから言える笑い話でもある。
[運命の人]の続きを読む
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/01/11(水)   CATEGORY: AK×黄金七夕
そこにビジョンはあるのか?
寒さは相変わらず天敵のAKさんです。こんばんは。
今日も強風で心が吹っ飛ばされそうになりました。

そんな中ホットな話題と言えばもちろんサッカーの移籍マーケット。
[そこにビジョンはあるのか?]の続きを読む
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2011/12/20(火)   CATEGORY: AK×黄金七夕
【未完】のかけら
長かった今季が終わった。
全くピッチが見えない金鳥スタジアムのゴール裏から見届けたPK戦。
赤嶺の失敗は何となく予想出来てたけど、武藤の失敗で万事休す。
最後の最後はセレッソのホームアドバンテージに屈してしまった。
もしこれがユアスタなら。
いや、せめて中立地だったら…。

試合後に挨拶に来た選手達の中で武藤は涙を流していた。
申し訳なさそうに俯く赤嶺をチョが後ろから抱きしめて慰めていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

書きかけの日記が残っていたからせっかくなので保存用にあげておいた。
総括をしてからあげるのもおかしいけど、記憶として留めるようとして残しておく。
とにかくあの時の赤嶺とビョン様の姿は印象的だったなぁ…。
本当にいいチームだったとあの時改めて感じたもんだ。
来年はもっといいチームになるといいなぁ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © AKたる日々. all rights reserved. ページの先頭へ
RSS feed meter for http://akteki.blog12.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。