AKたる日々
AKたる所以を綴る日々の日記。愛するベガルタ仙台が生活の中心です。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/11/26(月)   CATEGORY: AKたる日々
告白(2)
今回の仙台へ戻る決断をするにあたって、きっかけになったのは仙台の友人からの連絡だった。
10月頭頃に来た友人からの連絡は、友人の今の会社に来て欲しいという誘いだった。



少なくともハロワ通いからの脱却のために今の会社に入った俺にとって、その提示された条件は魅力的な物だった。
シフト勤務など若干不利な条件はあるものの目先の給料だけ見れば有利。
仙台で東京より給料が良い案件はそう多くはない。
そして何よりもその先を見据えれば自分の将来にも必ず良い結果をもたらすのは間違いないのはわかっていた。
友人からは早めに決断をして欲しいと言われたが、10日間考えさせて欲しいと友人に伝えた。
色々条件は良いのはわかってる。
それでもわだかまるものがあったからだ。


それは東京という土地での生活に対しての未練。
そして東京で巡りあった全ての出会いに対しての未練。
俺は決して捨てるのが上手い人間じゃない。
刺激的な東京の風土は俺の気質に合っていた。
東京でちゃんと仕事を探せば少なくとも今の会社より条件が良いところはあるのもわかってた。
ただそれを積極的にしなかったのは俺の自分への甘さだったと思う。


そしてその友人からの誘いの直後に、もう一件仲間から仙台で仕事の誘いをもらった。
こちらは営業職でスタートの条件はほぼ一緒。
土日祝休みなのは有利な条件だったし、業界的にも合いそうだとは思ってた。
しかし最初に誘われたのは大学以来の付き合いのある友人。
まずはこちらの判断をしっかりして筋を通してからこの誘いは進めるべきだと考えて、その旨を仲間に伝えた。


そして考えた結果、10月下旬に面接を受け、11月頭に採用の連絡をもらった。
この時点で発表しなかったのは先述の通り起爆剤になればという想いと、詳細が確定してからでも遅くはないと判断したためだった。
そこでホーム最終戦が終わってからの発表にしようと決めた。
結果的に言えば仕事が始まるのは1月下旬から。
時間的にも余裕はあるし、ベストだろうと思った。

〈続く〉
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © AKたる日々. all rights reserved. ページの先頭へ
RSS feed meter for http://akteki.blog12.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。