AKたる日々
AKたる所以を綴る日々の日記。愛するベガルタ仙台が生活の中心です。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/11/28(木)   CATEGORY: AKたる日々
『努力は人を裏切らない』
腰痛持ちながらフットサルしてきたAKさんです。こんばんは。
いざやってみたら全然動くのには影響がなく、諸般の事情でフィールドをずっとやってた中での4ゴール。
チームのほとんどの得点を自分で叩き出せたのに気を良くしてる夜である。



そもそもAKさんがフットサルを始めたのは記憶に残ってはいないけど、記録に残っている中で最初のものは2005年の5月。
当時働いてたスポーツ用品店の同僚に誘われて始めたのが最初だったし、始めた時期もそれに近いくらいであろう。
元々スポーツがそんなに得意ではないAKさんと、スポーツ経験豊かな同僚たちに混ざってプレーしたことで絶望を感じたのを覚えている。

そんな中で一つだけ輝くことが出来る場所を偶然見つけた。
それがゴレイロ。
サッカーで言うゴールキーパーのポジション。
やった人がみんなボールから逃げていく中で、一心不乱に立ち向かうAKさんはいつしかそのポジションでの地位を確立。
そしてワッセでの大会で優勝するまでに至った。
仕事が変わって東京に引っ越してからも、ニッチなポジションであるゴレイロは需要があり、行く先々でポジションを得ながら活動をすることが出来た。
決してみんながやりたがらないポジションがいつしかAKさんの安住の地になっていた。

しかし時が流れば状況も変わる。
ただゴレイロをやるだけではなかなか成長もしない。
フットサルならゴレイロでも足元を使えるようになるべきだ。
そういう思いが生まれたからフィールドに再度居場所を求める決意をした。
ゴレイロから離れるためではなく、もう一段階上を目指すために。

今年仙台セルベで活動を始めてからは、東京セルべの時よりも技術指導をする機会も増えた。
東京セルべでは俺より上手い人がゴロゴロしてたから人任せに出来たけど、仙台セルベは本当に自分が引っ張らないといけない。
そのためには今までよりもさらに足の技術を磨いていかないといけない。
そういう思いから今までよりもトレーニングをして、活動の際もフィールドになるべく入るようにした。

その結果感じることではあるけれど。
最近ボールを蹴る力が強くなってきた。
ボールをコントロールする力も少しずつではあるけれどついてきた。
フットサルを始めたあの時の絶望とは程遠い所までは来れた気がする。


いみじくもすでに2006年10月の日記でAKさんは書いていた。
『報われない努力は残念ながら確実に存在するけど、身にならない努力は無いはず。
故に自らを鍛錬する心構えは常に持たにゃあいかん。 』

もちろん今でも目標とその結果に対して努力が追いつかなくて裏切られることはあると思っている。
でもその目標に対して努力したことはその人を支える力になる。

その想いは7年経った今でも変わらない。
フットサルだけじゃなく仕事でもプライベートでも。
全てにおいてこの気持ちは持ち続けている。
おかげで34歳になった今でも、技術的にも体力的にもまだまだ成長していけるという感触を得られている。

やはり『努力は人を裏切らない』。

だから自分の力と気持ちが尽き果てる寸前までは努力を続けていきたい。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © AKたる日々. all rights reserved. ページの先頭へ
RSS feed meter for http://akteki.blog12.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。