FC2ブログ
AKたる日々
AKたる所以を綴る日々の日記。愛するベガルタ仙台が生活の中心です。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/13(月)   CATEGORY: AK的思考回路
CCCDを考える
借りてきたCDの中にCCCD(コピーコントロールCD)が混ざりこんでいたのでCCCDについて触れていきたいと思います。

・エイベックス、CCCDの弾力運用を決定――SA-CD、DVD-Audioを推進
・対談 小寺信良×津田大介(1)――「CCCDはみんながやめたいと思っていた」

CCCDのメリット・デメリットは

レコード会社のメリット
・CD音源のリッピングを避けられるのでネット上への流出を避けられる
・個人でも容易にコピーが出来ないのでCDの購入とレンタルを促進できる

リスナーのデメリット
・パソコンに取り込めないので携帯音楽プレイヤーに音楽を入れられない
・自分で好きなように曲順の編集をしたCDを作れない
・CDの音質の低下


となります。
レコード会社的な立場からすれば既存のCDが一番売上を計算できるわけでそれを手放したくない気持ちは分かりますが、その権利を守るためにCCCDとかを導入するのはやはり姑息だったと思います。現実問題としてCCCDを導入してもコピーがしにくくなるだけで完全にコピーを防げるわけではありませんし、導入した意味というのは小さかったのではないかと思います。CDの売上が落ち込んだ理由をコピーに押し付けるような形にして、自分達の責任逃れをしたようになったのは問題だったと思います。

技術が向上して来ているんだからSACDやDVD-Audioのような音質の良いCDを普及させるべきだと思うんですけどね。FF7でプレステが普及したみたいにレコード会社がその気になれば普及させられると思うんです。レコード会社が重い腰をあげないから電器メーカーも乗り切れないんでしょうし。リスナーからすればより良い音質で音楽が聴けるし、レコード会社からすればCDのコピー対策になるわけですからぜひ動いて欲しいです。お互いに不利益を被る様な構図は関係はお互いのためにならないので。

ここで問題として浮上するのはSACDとDVD-Audioのどちらの企画がデファクトスタンダードとして確立されていくかでしょうね。DVDの後継規格がブルーレイかHD-DVDかでもめてるような状況がそのまま持ち込まれるような事態は避けるべきでしょうね。名前的にはCDが入ってて消費者に理解を求めやすいSACDの方が良さそうな気はしますが…。素人考えですがね。

ただコピー対策はいいとしてもパソコンのリッピングまで不可能な状況にするとパソコンで音楽を聴く事やiPodなどの携帯プレイヤーで音楽を聴く事が不可能になってしまうのが問題点ですかね。まあ、そんなのはROM専用のドライブにしてライティングの機能を付けなきゃ問題解決でしょうけど。これこそ素人考えなのかな?

何はともあれ今までの通りただCDを作ったから売ります、だけじゃ売上を伸ばす事が難しくなってきているのは事実でしょう。今ではDVD付きのCDが主流になってきていますがこういうプラスがない限り売上を伸ばす事は難しい時代だと思います。音楽の好みが細分化され昔のように一極集中する可能性が減ってる事も一因だと思います。もしかしたらCDといパッケージで販売する事自体が廃れていくのかもしれません。とはいえ全ての人がパソコンを所有する時代が来ても全員が使いこなせるわけじゃない事を考えればパッケージの存在というのは求められるんじゃないかと思います。その来るべきに備えて新しい一手を、リスナーにとってもメリットのある一手を提案して欲しいと思います。




↓一回のクリックがAKに大きな勇気を与える。


2006年は『俺君』を流行らせよう!プロジェクト実施中!
スポンサーサイト
[ TB*1 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● CCCD
Takasea | URL | 2006/03/15(水) 22:23 [EDIT]
これってあると不便なんだよね。
最近はCDは車のなかで聴くことが多いんだけど、CCCDのものは車のプレイヤーでは聴けないから、CD買ってさっそく車で聴こうと思っても聴けないことがたまにある。これってけっこうがっかりするんだよね。
● 長文。
AK的管理人 | URL | 2006/03/16(木) 12:15 [EDIT]
CCCDって規格上で言えば「音楽CDに分類されない」商品らしいからね。音楽ファイル以外のデータが入ってるからだと思うけど。
ここ最近の音楽界は著作権にうるさくなりすぎて業界自体がキュークツになってるんじゃないかって気はするね。
ネット上でのデータ流出がCDの売上低下を招いてる面もあるかもしれないけど、逆に言えば気軽に音が届く分アーティストを知るきっかけになる面も持ってるし、『恋のマイアヒ』みたいにネット上で流出して流行った物が売上に貢献してブームを起こしたり。
悪い面ばっか強調されるけどいい面も持ってるんだよね。どっちの面が強く出るのかは分からないけど。
さんざんCCCDを作っておいて制限をしておきながら堂々とネット上でのFlashとキャラをパクって曲のPVにしてしまうavexのセンスはいかがなものかと思うよ。そのPVも曲の流出から生まれたんだからavexは否定しなくちゃ辻褄が合わない立場のはずなんだけどね。
● なんというか
ブログルポから来ました | URL | 2006/05/09(火) 02:47 [EDIT]
何でCCDDの話に「FF」が入ってくるのかとか
次世代DVD規格の話を持って来たりとか
話があっちゃこっちゃして散漫なことこの上ないですね。
着地点も意味不明。
タイトルは「CCCDを考える」なのに。
何よりも、レンタルで音楽を消費する者が
CCCDについて何か語る資格があるのかとか思いました。

TRACK BACK
TB*URL

パソコン図書館 2007/09/12(水) 17:05
Copy-Controlled Compact Disc)は主としてパーソナルコンピュータ|パソコンでのデジタルコピーを抑止する目的で導入されたコピーガード|技術、もしくはその技術を導入した音声記録媒体(主としてディジタル  [続きを読む]
Copyright © AKたる日々. all rights reserved. ページの先頭へ
RSS feed meter for http://akteki.blog12.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。