AKたる日々
AKたる所以を綴る日々の日記。愛するベガルタ仙台が生活の中心です。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/12/08(金)   CATEGORY: 音楽話
駆け抜けレビュー
さんざん遅くなったあげくに内容の無いレビューやっときます。
ある程度聴いた分だけね。

・SALYU『NAME』
『to U』のおかげでだいぶ印象が変わったSalyu。
腰を据えて聴いてみたらだいぶ印象が変わった感じ。
前は世界観と個性がマッチしてなかった感じがあったけど、今はその世界も操ってる感じがします。
一皮剥けたんじゃないかな、と。
来年に向けて期待を持てる一枚。

・安藤裕子『The Still Steel Down』
このシングルに入ってる3曲の内容の濃さはすごい。
ある意味アルバムとして完成していると言っていいほどの充実した内容。
そして安藤裕子が持つ世界観の広さ。
本当にすごい。
ただ難癖をつけるなら一つ一つの曲が持つインパクトはメジャーという舞台においては弱いのかなぁと。
シングル曲も聴き込んで味が出るタイプ。
AKを信じられる人は聴いてみて欲しいね。

・CHEMISTRY『約束の場所』
ごめんなさい。これはタイトル曲だけ。
ここ最近存在感が少し薄れてたCHEMISTRYでしたが、新しい血を入れた事で新しい魅力を見つけられたんじゃないかな。
いつか書くかもしれない「考える」で述べようとは思ってたんですが、CHEMISTRYの二人は比較的声質が近い感じなので「男×女」などのギャップを楽しむかのようなミクスチャーが流行っている現代では支持を受け入れ難い存在なのかなぁを。
もうちょっと肩の力を抜いてやった方がいい結果を呼び込めそうな気がする。
イメージ的に真面目すぎるんだよね。

・HOTEI vs CHAR『Stereocaster』
はい、ギター界の大御所のお二人のこの曲。
ギターには詳しくないAKでもかっこいいよ。
上手いギターとは何かってののお手本みたいな感じですな。

・LOVE PSYCHEDELICO『THE GREATEST HITS』
いつの間にやら姿を見なくなったけどこのアルバムは本当にいい。
ロックしてるけどただ騒ぎまくるガキ臭いロックではない。
ストリングの音の使い方とか世界観の構築の仕方が洗練されている。
洋酒でも飲みながら電球を弱くして聴きたい、そんな色あせない一枚。

・ELLE GARDEN『DON'T TRUST ANYONE BUT US』
世間での評判が上がっているので手を出してみた一枚。
あんま期待してなかったけど、彼らは本物だってのが伝わってきた。
自分たちの世界がある。プライドがある。貫いている。
でもそれが決して孤高ではない。
正直侮っていた事をここに詫びたいと思います。
ある意味LOVE PSYCHEDELICOに通じる洗練されたロック。
今後他の作品もチェックして行きたいと思います。

・YMCK『FAMILY MUSIC』
一番の大穴にして発見。
文字通り8bitのファミコンサウンド。
気怠いウィスパーボイスのヴォーカル。
何も考えずにさらっと流してるといつの間にかYMCKの世界に入り込めます。
明らかにファミコンのゲームを意識した音作り。
だが敬意はそこにあってもパクリはない。
ファミコンサウンドを自分たちの物として消化させる音作りに感心。
もう一枚出してるアルバムにも手を出してみようかな。

・キャプテンストライダム『108DREAMS』
ネクストブレイカーとして期待がかかってるらしい。
聴いた印象はレミオロメンの1stアルバムの時のような不調和感。
素材はまだまだ伸びる要素ありだけどどことなく噛み合っていないような。
ブレイクするにはもう一皮、二皮剥けないと厳しいかな。

・ビアンコネロ『家』
AK的にはビアンコネロの方がキャプテンストライダムより好み。
どことなく郷愁感が漂うような世界観。
あえて言うなら平成から見たリアルじゃない昭和。
アコースティックロックみたいなジャンル。
叫んだり訴えかけてと言うよりはまったりと。
ほどほどに力が抜けてて好きです。


ちなみに
・エイジアエンジニア『純夏~Jun-natsu~』
・SEAMO『Live Goes On』
・HY『confidence』
・MEGARYU『我流旋風』
・湘南乃風『湘南乃風 ?Riders High?』


この辺りはAKの味覚には合わんかった。

次は久々に考えるでも書こうかなぁと。
題材になるアーティストはしっかりいるし。
あとは…AKの力量次第ですな(笑)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

はる | URL | 2006/12/10(日) 14:40 [EDIT]
SalyuはAKが言うように前のアルバムとはまた印象がかわりましたね。歌唱力も磨きがかかったって感じ。
ELLEGARDENは私も人から借りて完全にはまりました。
声と歌唱力とサウンドと。久々邦楽ロックでピッタリ来た感じ。
一番新しいアルバムはさらに洗練された感じで良いです。

AK的管理人 | URL | 2006/12/10(日) 18:50 [EDIT]
Salyuは本当に印象が変わったと思います。
TOWERあたりから「おやっ?」って感じはありましたけど見事に成長したもんだと思います。
ELLE GARDENは本当にビックリでした!
洋楽を意識した音作りに聴こえますけど、それを邦楽として落とし込めるセンスの良さは素晴らしいと思います。
早く新しいアルバムも聴いてみたいですね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © AKたる日々. all rights reserved. ページの先頭へ
RSS feed meter for http://akteki.blog12.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。